郵便の歴史など

「書類」と聞くと、どうしても仕事や企業の印象が強いですが、個人や家庭でも送らなければならない書類はありますね。 サービスによっては一般は受け付けないというものもありますので、そこは少し注意が必要です。 では、個人や一般家庭で使えるサービスにはどのようなものがあるのでしょうか。

個人でも企業でも使えます

日頃、私達がなにげなく利用している「郵便」というシステム。
そもそも「郵便」とはどのようなものなのでしょうか。

郵便の歴史は古く、紀元前600年頃の古代ペルシアで始まったとされています。
それから「古代ローマ」を経て、ヨーロッパ全域に広まり、さらに世界へ広がっていくという変遷を辿っていきました。

日本で本格的に根付いたのは明治に入ってからです。
文明開化のタイミングで、様々なことが始まっていますが、「郵便」もその一つだったというわけです。
ただ、明治以前もそういうやりとりがなかった訳ではありません。
例えば、平安時代の貴族が取り交わした「文」や、戦国時代の大名が記した「檄文」など、書面にした情報のやり取りは、むしろ盛んに行われています。
そういったやり取りの間には、必ずそれを伝える人が存在しており、今日の「郵便」にもつながっていくというわけです。
形式的なものだと、「飛脚」なども「郵便」に近いのではないでしょうか。
このように、「郵便」に似たようなシステムはすでに存在しており、文書のやり取りというのは、本当に古くから、人と人の交流において大事な地位を占めていたと言えるでしょう。

近代に入り、情報の多様化と共に、「郵便」の形態も比例するように増えていきました。
一般の手紙などを扱うものから、企業の機密文書まで、その扱う書類に合わせた「サービス」が誕生しています。
昨今では多様化しすぎて、よくわからないといった弊害もありますが、正しく利用すれば、とても便利なシステムです。

情報の多い時代に生きる私達だからこそ、是非うまく利用していただければと思います。

おすすめリンク

文書保管で場所いらず

重要な書類は文書保管で保管!スペース確保はもちろんのことセキュリティ面も安全安心です!